Waris

    Warisパートナーの声

    山本志帆さん(39歳)

    息子の成長に合わせ、家族がハッピーになれるよう働き方をシフトさせていきたい。

    これまでのキャリア

    人材派遣会社にて営業・海外展開を担当→外資系家具メーカーの日本1号店立ち上げメンバーに→本社PRに異動→フリーランス

    Warisからご紹介したお仕事

    出版社、大手IT会社のPR、大手資材メーカーのコミュニケーション担当ほか

    (※こちらのインタビューは2017年9月時点での情報に基づいています)

    INTERVIEW

      • Q Waris登録のきっかけについて教えてください。
      • 実は、Waris共同代表の米倉さんと私が大学時代の友人なんです。地元を散歩しているときにバッタリ米倉さんに会って。当時、すでに私はフリーランスのPRとして活動をしていたのですが、彼女がWarisを立ち上げるという話を伺い、PR業務も紹介してもらえることを知って、登録させていただくことになりました。
      • Q Warisを通して開始されたお仕事内容と普段の働き方について教えてください。
      • 登録してすぐに、大手IT企業のコミュニケーション業務を請け負いました。当時は子供が小さく、個人で受けていたクライアントのPR業務もあったので、週に1~2回の出勤と在宅勤務のミックスで1年半、関わっていました。現在は、建築材料・住宅設備機器の最大手企業で、社内の方とチームを組みながらコミュニケーションの業務をしています。
        今回、はじめの2か月間は、週2程度の出勤で試用期間としてもらいました。本契約となった現在は、週5日の出勤の契約です。出社は8時30分と早いのですが、息子が小学校へ通う時間と同じなので、私にとってはそれもメリットになっています。自宅をメインの仕事場にしてしまうと、どうしてもスタートが10時くらいからになってしまうので……(笑)。
      • Q 現在の業務内容について魅力・やりがいを教えてください。
      • 個人で受けているクライアントは中小企業が多いのですが、現在、Warisを通じて関わりを持たせていただいているのが大手の日系企業。今までにはない新しい視点、規模感でのコミュニケーション構築、展開ができ、そこにおもしろさを感じています。また、年内には、コミュニケーション業務の一環として、インドへの視察出張も参加させてもらう予定です。外部の人間ながら、プロフェッショナルとして、責任ある仕事を任せていただいていることも嬉しいです。
      • Q Warisのサービスをご利用になった感想をお聞かせください。
      • フリーランスでいちばん困るのがギャラの交渉です。間に入って交渉してくれるというのは、本当にありがたいですね。また、個人のネットワークは無限ではありませんから、登録をしておけば、お仕事を紹介していただける可能性があるというのは、フリーランスを続けていく上で支えになると思います。
        今までは、それなりのキャリアを積み上げてきた女性でも、「出産、子育て後には、低賃金で働くしかない」という思い込みが作られやすい風潮があったと思います。その中で、「プロフェッショナルとして、キャリアを生かして、まっとうな報酬で働ける」という仕組みをつくってくれたということには本当に感謝しています。

      Warisパートナーに登録する

      お仕事を探す

    その他のWarisパートナーの声を見る