Waris

    Warisパートナーの声

    勅使川原真衣さん(34歳)

    仕事を頑張りたい、子どもとの時間も必要…ジレンマの先に見つけた新しい働き方。

    これまでのキャリア

    ネットリサーチ事業を行うマーケティング会社→外資系コンサルティング会社にて人事戦略を担当→人材・組織開発を専門に行うコンサルティング会社→フリーランスのコンサルタント

    Warisからご紹介したお仕事

    ソーシャルゲーム会社にて人事組織分野におけるコンサルティング業務ほか

    (※こちらのインタビューは2016年9月時点での情報に基づいています)

    INTERVIEW

    • Q Waris登録のきっかけについて教えてください。
    • コンサル会社に勤めていたとき、やりがいあふれる仕事である一方で、尋常でないワークロードは避けられず、1人息子の育児を実家に頼りきっていました。そんな中、自分のハードワークのしわ寄せを子どもが食らっていると気づかされる出来事がありまして。泣きつく気持ちで相談した先がWarisでした。仕事をしたい、やる気はあるのに時間だけがない・・・そんな女性をよく理解してくださっているWarisの紹介なら、きっと今の自分の状況にふさわしい仕事と出会えるのではないかと思いました。
    • Q Warisを通して開始されたお仕事内容と普段の働き方について教えてください。
    • ソーシャルゲームの会社で、人事組織分野におけるコンサルティング業務を担当しました。業界特有の離職率の高さ、組織をいかに活性化させるか、などの課題に対してどのようなアプローチができるのかを提案し、アドバイスするのが仕事です。
      クライアント企業に出向くことも、在宅やカフェで仕事をすることもあり、ボリュームは時々で異なりますが、平均すると週4日勤務程度。会社員時代の3分の2くらいの労働時間になりました。以前はまったくできなかった保育園のお迎えも、今はできています。
    • Q 現在の業務内容について魅力・やりがいを教えてください。
    • 会社員時代から「性格行動特性」を専門に、人事組織分野でのコンサルティングを行ってきました。フリーランスとして仕事をしている中で、これまでの発展形の範囲でお手伝いできる案件もあれば、自身がこれまで見えていなかった前提から問い直すことを迫られる案件にも遭遇し、日々鍛えられていると感じています。例えば、会社員時代に担当した従業員規模10万人を超える企業の組織活性プロジェクトと比較すると、従業員数が数十人、数百人のクライアントでは、求められるものが違ってきます。一年後の変化の兆しではなく、「明日には今日よりよくしておきたい」と切望されるクライアント経営者と、その背後に見えるご家族、従業員の方々をリアルに思い浮かべながら、青写真で終わらない具体策をもって対峙しなければなりません。これまで経験してこなかった案件、クライアントとの出会いで、圧倒的に視野が広がりました。
    • Q 今後の展望について教えてください。
    • フリーランスで仕事経験を積んでくると、「もっと新しい実績を作りたい」「もっと頑張りたい」という気持ちが沸いてくるのですが、そこは走りすぎてしまわないようにブレーキをかけながら。会社組織なのか、パッケージ化なのか、後進育成なのか・・・自身のコンサルティングをどんな形で展開していくのがよいのか、働き方も含め、今後のキャリアに思いを巡らせています。いつか“性格行動特性の勅使川原”と呼ばれるくらいまで、自身の仕事を極めていければと思っています。
    • Warisパートナーに登録する

      お仕事を探す

    その他のWarisパートナーの声を見る