Waris

  • HOME
  • Warisパートナー登録

Warisパートナー登録

Warisに登録いただくと、お仕事の検索、応募やお問合せ、Wairsに登録されている企業を閲覧することができます。
ご登録は無料です。
ご登録希望の場合は、下記のフォームへの入力をお願いします。
入力いただくメールアドレスがログインIDとなります。
登録をされる前に、必ずサービス利用規約をよくお読みください。
サービス利用規約に同意いただき、チェックボックスにチェックを入れてから、「確認」ボタンをクリックしてください。

企業の方のサインアップはこちら

氏名 *
(割須 花子)

姓  

名  

フリガナ *
(ワリス ハナコ)

セイ

メイ

生年月日 *
PCメールアドレス *
※携帯メールアドレスや、hotmailなどのフリーメールで、登録確認メールが届かない場合がございます。
連絡がつく電話番号 *
電話番号 *
連絡用備考欄
住所(都道府県) *
直近在籍企業 *
直近在籍企業の社名 公開・非公開設定 * ※直近在籍企業の社名 公開・非公開設定とは?
直近の在籍企業の退職時期
メインのご経験職種 *
最終学歴 *
現在の就業状況 *
お仕事紹介の希望について *
希望の転職・稼働開始時期 *
プロフィール公開 * ※プロフィール公開設定とは?
メールマガジン配信希望 *
Warisを何でお知りになりましたか? *
ログインパスワード *
ログインパスワード確認 *
規約への同意 *

Warisパートナー規約

 

本規約は、株式会社Waris(以下「当社」といいます。)が提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)を利用する法人及び個人(以下「Warisパートナー」という。)の利用条件を定めるものとします。Warisパートナーは、本規約及びこれに付随して当社が定める規程、マニュアル(以下、総称して「本規約等」といいます。)の内容を十分に理解した上でこれを承諾して、本サービスを利用するものとします。

 

第1条 本規約の範囲・改訂

1.本規約の中で使用される以下の各用語は、次の通りの意味を有するものとします。

「クライアント企業」とは、当社のサービスを利用して、Warisパートナーに対して仕事を依頼したいと考えている企業をいいます。

「個別案件」とは、当社が、Warisパートナーに対して、第4条に基づき紹介する個別の仕事をいいます。

「個別契約」とは、当社が定めた区分に従って、個別案件に関してクライアント企業と当社、又はWarisパートナーの間で締結される契約をいいます。

「仕事」とは、Warisパートナーが、クライアント企業に対して労務を提供し(雇用形態の場合。ただし、Warisパートナーが個人の場合に限ります。)、又は業務を提供する(業務委託形態(請負又は委任若しくは準委任)又は再委託形態の場合)ことをいいます。

「著作権等」とは、著作権(著作権法第27条、第28条の権利を含みます。)、特許権、特許を受ける権利、実用新案権、実用新案登録を受ける権利、意匠権、意匠登録を受ける権利その他の財産権を総称していいます。

「反社会的勢力等」とは、(i) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、(ii)(i)に該当する者を経営に関与させるなどの関連を有し、自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって利用し、資金等を提供し若しくは便宜を供与するなどの関与をし、又は社会的に非難されるべき関係にあると認められる者を総称していいます。

「申込者」とは、第2条に従って、Warisパートナーとして登録し本サービスを利用する旨の申込みを行った法人又は個人をいいます。

「ログインID及びパスワード」とは、当社がWarisパートナーに付与する、本サービスを利用する際にユーザを識別するために用いられる固有の符号をいいます。

「Warisパートナー登録」とは、第2条に従い、当社が、申込者をWarisパートナーとして登録し本サービスの利用を承認することをいいます。

2.当社は、本規約等の変更に際し、当社所定の予告期間をもって変更内容を電子メールで通知します。

3.前項に定める予告期間が経過した後、Warisパートナーが本サービスを利用した場合または予告期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、当該変更内容を承認したものとします。Warisパートナーは、定期的に本規約等の最新の内容を確認するものとします。

 

第2条 Warisパートナー登録手続

1.Warisパートナーとなることを希望する法人又は個人は、本規約等の内容を承認のうえ、当社ウェブサイト上にて必要事項を入力するなど当社所定の方法により申込みをしていただきます。 申込手続は、Warisパートナーとなろうとする申込者自身が行うものとします。

2.当社は、前項に基づく申込みを受けた場合には、当社所定の基準により審査を行った上で、申込みを相当と判断した場合には申込者をWarisパートナーとして登録し、本サービスの利用を承諾します。当社による承諾時に、本規約等に従った本サービスの利用契約がWarisパートナーと当社の間に成立し、Warisパートナーは本サービスを本規約等その他当社の定める方法で利用することができるようになります。

3.当社は、第1項に基づく申込者が以下のいずれかに該当する場合には、Warisパートナー登録を承諾しないことがあります。

(1) 当社所定の方法によらないで申込みがなされた場合。

(2) 申込者が個人の場合は、未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかったとき

(3) 申込者が、架空名義、なりすまし等により、実在しないこともしくは申込名義とは異なる者による申込みであること若しくは虚偽の情報に基づき申込みを行っていること、又はそれらの疑いがあると当社が判断した場合。

(4) 申込者が現在又は過去反社会的勢力等であり、若しくは反社会的勢力を利用したことがあること、又はそれらの疑いがあると当社が判断した場合

(5) 当社が、前二項の調査のために、必要な情報の提供を求めたにもかかわらず、これに応じない場合

(6) 申込者が過去当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合

(7) 第12条に定める措置を受けたことがある場合

(8) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

4.弊社が、Warisパートナー登録の申込みを承諾しない場合、当該申込者に対し、承諾しない理由を開示したり説明したりする義務を負わず、承諾しないことによって申込者に生じる損害については一切責任を負いません。

 

第3条 登録情報の変更等

Warisパートナーは、登録事項に変更があった場合、マイページの情報を更新するその他当社の定める方法により、当該変更事項を遅滞なく当社に通知します。Warisパートナーがこれを怠ったために被った損害について、当社は一切責任を負いません。

 

第4条 本サービスの概要と利用について

1.本サービスは、Warisパートナーに仕事をお願いしたいと考える当社クライアント企業と、Warisパートナー個人とをマッチングするサービスです。

  1. Warisパートナーは、本サービス(仕事情報の入手を含みます。)を無料でご利用頂けます。

3.本サービスを利用してWarisパートナーが個別案件を行う場合、あらかじめ個別契約を締結しなければなりません。仕事の内容、期間、対価の額、支払時期その他の仕事の条件は、個別契約において定めるものとします。個別契約と本規約の規定が矛盾する場合は、個別契約の規定が優先するものとします。

4.当社は、Warisパートナーに対して、個別案件の紹介や成約を保証するものではありません。

5.Warisパートナーは、本サービスの提供を受けるために必要となる、コンピューター、スマートフォンその他の端末、ソフトウェア環境、及び通信回線その他の通信環境を、自己の費用負担と責任において準備し維持するものとします。

6.当社からWarisパートナー又はWarisパートナーから当社への通知は、当社所定の方法により行うものとします。当社は、当社に故意又は重過失が無い限り、当該方法により通知を行った場合は、Warisパートナーに対して通知が不到達であってもその責任を負わないものとします。

 

第5条 本サービスに関して制作された成果物に関する著作権等の取扱い

1.Warisパートナーが本サービスを利用するために作成したプロフィールその他マイページにおいて入力した情報に係る著作権等は、Warisパートナーに帰属するものとします。
2.Warisパートナーによる、個別案件に係る成果物については、当社又はクライアント企業がその著作権等を有するものとします。Warisパートナーは、当該成果物及びその素材となる著作物(もしあれば)を利用する権限を有していること、並びに、当該成果物の作成に当たって、第三者の著作権等を侵害していないことを保証するものとし、この保証に反する事実が明らかになったときは、当社又はクライアント企業に対し、代替成果物の納入、損害賠償その他の責任を負うものとします。
3.Warisパートナーは、当社又はクライアント企業に成果物に係る著作権等を譲渡した場合、著作者人格権を行使しません。また、Warisパートナーが法人の場合はその役職員にも著作者人格権を行使させないものとします。

4.Warisパートナーは、当社又はクライアント企業が、成果物に係る著作権等につき、権利の取得、登録等の出願、申請その他の手続をとる場合、これに最大限協力するものとします。

 

第6条(回答義務等)

1.Warisパートナーは、当社から紹介を受けたクライアント企業からの仕事の依頼の有無、内容または条件、第9条第1項第10号に違反する契約締結及び取引の有無等についての当社からの照会に対し、速やかに、真実かつ正確な回答を行わなければなりません。

2.Warisパートナーは、クライアント企業から第9条第1項第10号に違反する契約締結を持ちかけられた場合、直ちに当該事実を当社に報告するものとします。

 

第7条 ユーザID及びパスワードの管理

1.Warisパートナーは、自己の責任において、本サービスに関するログインID及びパスワードを適切に管理及び保管し、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。

2.ログインID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はWarisパートナーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。また、これにより当社に損害が生じた場合、Warisパートナーはその損害を賠償するものとします。

 

第8条 本サービスにおける機密保持

1.Warisパートナーは、本サービス中において、当社又はクライアント企業から開示される技術上、営業上の秘密情報及び個人情報を、すべて機密として保持し、仕事の遂行及び本サービスの目的以外には一切使用せず、第三者に一切開示、漏えいしないものとします。

2.Warisパートナーは、当社又はクライアント企業から要請された場合は、別途契約書、誓約書その他の書面により、機密保持を誓約するものとします。
3.本条第1項の規定に関わらず、以下のいずれかに該当する情報については機密情報から除かれるものとします。ただし、個人情報についてはこの限りではありません。

(1) 既に公知、公用の情報
(2) 機密情報の開示後に、Warisパートナー責によらず公知、公用となった情報
(3) 開示を受けた時点で、既に知得していた情報
(4) 開示を受けた後、正当な権限を有する第三者から守秘義務を負うことなしに適法に入手した情報
(5) 当社及びクライアント企業が、第三者に開示することを文書により承諾した情報

第9条 本サービス利用時の禁止事項

1.Warisパートナーは、本サービス利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

(1) 法令若しくは本規約等に違反する行為又は犯罪行為又はこれらの勧誘行為

(2) 公序良俗に反する行為

(3) クライアント企業その他の第三者又は当社の著作権等を侵害する行為又はその恐れのある行為

(4) クライアント企業その他の第三者又は当社を差別し、誹謗中傷し、名誉又は信用を傷つける行為

(5) クライアント企業その他の第三者又は当社に対する詐欺又は脅迫行為

(6) わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に相当する画像、文書等を送信若しくは表示する行為、又はこれらを収録した媒体を販売する行為、又はそれらを想起させる広告を表示又は送信する行為

(7) 出会い系サービス、無限連鎖講(ネズミ講)、危険ドラッグの取引その他本サービスと関係のない目的のために本サービスを利用する行為

(8) 他人になりすまして本サービスを利用する行為

(9) 医療・弁護・法的文書作成・旅行代理など許認可・登録・届出等が必要となる行為

(10)本サービスを介さずに、クライアント企業に対して仕事を行うことその他の直接取引やそれを勧誘する行為、又は、勧誘に応じる行為。個別契約終了後に、クライアント企業と取引をする場合を含みます。

(11)その他、弊社が不適当と判断した行為

2.Warisパートナーが前項各号に違反し、当社に対して損害を与えた場合、Warisパートナーは当社の損害を賠償するものとします。
3.本条第1項各号の内容は、本規約改定により適宜追加修正される場合があるものとし、Warisパートナーは、本サービスの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。

4.当社は、Warisパートナーが本条第1項各号の一つに違反するまたは違反するおそれのある行為を行っている事実を確認した場合、Warisパートナーの事前又は事後の承諾を得ることなく、直ちに本サービス利用に関連してWarisパートナーが行った表示の削除、Warisパートナーとしての資格の抹消その他必要な措置を行います。また、Warisパートナーに対し、是正措置を講じるよう請求できるものとし、Warisパートナーはこれに従わなければなりません。

5.当社は、前項に関し、Warisパートナーから問い合わせを受けた場合でも、説明する義務を負うものではありません。

 

第10条 本サービスの停止等

1.当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、Warisパートナーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。

(1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を緊急に行う場合

(2)本サービスに係るコンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

(3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4)電気通信事業者等が電気通信サービスを中止した場合

(5)その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

2.当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づきWarisパートナーに生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第11条 本サービスの変更等(本サービスの内容の変更、終了)

1.当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、又は提供を終了することができます。なお、当社が本サービスの提供を終了する場合、当社はWarisパートナーに終了の1か月前までに通知します。

2.当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づきWarisパートナーに生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第12条 Warisパートナーとしての資格の取消等

1.当社は、Warisパートナーにつき、以下の各号のいずれかに該当する場合は、Warisパートナーとしての資格を取り消したり、一時的に停止したり、又は将来にわたって本サービスのご利用をお断りする場合があります。

(1) 不実又は誤認を与える内容にて申込みが行われた場合

(2) Warisパートナーが、過去に当社が提供する商品又はサービスに関して契約上の義務を怠ったことがある場合。

(3) 法令又は本規約に違反した場合

(4) 本規約第9条第1項各号の禁止事項に該当する行為を過去に行い、又は将来行うおそれがあると認められる場合

(5) 不正行為があった場合

(6) Warisパートナーとしての登録資格を満たしていないことが明らかになり、又は満たさなくなった場合

(7) 故意・過失を問わず、他のWarisパートナーやクライアント企業とのトラブル(クライアント企業とのトラブルにはWarisパートナーの業務水準、業務速度、業務品質に関する苦情が含まれます)があり、改善の余地が見られないと当社が判断した場合

(8) その他、当社による本サービスの提供その他当社の業務の遂行上著しい支障があると当社が判断した場合

2.当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づきWarisパートナーに生じた損害について一切の責任を負いません。当社は、法令により認められる範囲内で、当該措置を取った時点でWarisパートナーに支払われることとなっていた金銭について、一定期間その支払を留保したり、相殺その他当社が指定する他の方法により精算したりすることができるものとします。

3.Warisパートナーは、第1項に基づき当社が行った措置に伴い、マイページにアクセスすること(職務経歴を含む登録内容を確認することや、個別契約が締結されたクライアント企業と連絡を取ること含みます。)ができなくなることを了承します。ただし、当社は、法令上義務を負う場合を除き、マイページへの記入その他の方法により提供された情報を削除する義務を負うものではありません。

 

第13条 退会

  1. Warisパートナーが本サービスの利用を終了し退会しようとする場合は、当社ウェブサイト内の退会手続きページから、退会通知を当社宛に通知することにより本サービスを退会できるものとします。

2.退会には費用はかかりません。

  1. Warisパートナーは、退会後、マイページにアクセスすること(職務経歴を含む登録内容を確認することや個別契約が締結されたクライアント企業と連絡を取ること含みます。)ができなくなることを了承します。ただし、当社は、法令上義務を負う場合を除き、マイページへの記入その他の方法により提供された情報を削除する義務を負うものではありません。

 

第14条 違約金及び損害賠償等

Warisパートナーが第9条第1項に定める禁止事項に違反し、または、不正もしくは違法な行為を行ったことにより当社に損害が生じた場合、Warisパートナーは当社の損害を賠償するものとします。

 

第15条 個人情報の収集等

当社は、個人情報およびそれに類する情報を個人情報保護法及び当社の個人情報の取扱いに関する規約に基づき、適切に取り扱うものとします。

 

第16条 専属的合意管轄裁判所

本規約等に起因し、又は関連して、当社とWarisパートナーの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第17条 準拠法

本規約等に関する準拠法は、日本法とします。

 

付則2016年12月21日