Waris

    Warisパートナーの声

    松浦圭子さん (43歳)

    正社員にこだわらず、役に立てる仕事を。罪悪感から解放された積極的な生き方に満足!

    これまでのキャリア

    大手不動産会社にて総務・人事→ベンチャー企業にて総務・人事→大手監査法人にて総務・人事

    Warisからご紹介したお仕事

    IT系ベンチャー企業にて人事関連業務

    (※こちらのインタビューは2016年9月時点での情報に基づいています)

    INTERVIEW

      • Q. Waris登録のきっかけについて教えてください。
      • 前職を退職して2年余りが経っていた頃。知人と働き方について話していた際に、たまたま「業務委託」というフレーズが出てきたのがきっかけで、何気なくインターネット検索をしてみたところ、Warisを知りました。「時間と場所にこだわらない」「時間の長さではなく成果を大切にした働き方」など、これまでの自分の常識を超える働き方の提案がされていたこと。また、私のような人事バックグラウンドの人間に対して業務委託の仕事を紹介してくれることに驚き、大変興味を持ったので登録しました。
      • Q. Warisを通して開始されたお仕事内容と普段の働き方について教えてください。
      • ITベンチャーでの人事関連の仕事を在宅でしています。具体的な業務内容は、新しく導入する人事管理システムへのスムーズな移行を実現するためのプランニングと実務作業。社員の方々とリモートでコミュニケーションを取りながら、運用を想定したシステム導入のプロジェクトを主担当として担当しています。実稼働は平均すると週3日程度です。スカイプや社内コミュニケーションツールを使って随時打ち合わせをしているので、まったく不便は感じません。
      • Q. 実際に在宅でお仕事をされてみていかがですか?
      • 会社員時代は、子どもの病気等で仕事を休むことにとても罪悪感がありました。しかし、基本的に在宅で仕事をしている今は、そういった罪悪感とは無縁です。遠方にある実家へ帰省したときも、パソコンさえあれば仕事ができたのでとても助かりました。
        また、私が仕事をしている姿を子どもが側で見ているので、働くとはどういうことか、一緒に話し合う機会もあります。子どもの社会性によい影響を与えていけると嬉しいです。
        ただ、苦労した点もひとつ。今のスタイルで働き始めた当初は、「プライベート脳」と「仕事脳」の切り替えが難しかったです。
      • Q. 在宅で働くに当たって、何か工夫はされていますか?
      • 対面でのコミュニケーションが少ないので、メールやSNSなど様々なツールを最大限に利用して情報共有し、なるべく接点を多く持つように心がけています。
      • Q. Warisのサービスをご利用になった感想をお聞かせください。
      • 制限がたくさんある中で、それでも働きたいという女性をこれほど直接的にサポートしている組織体はないと思います。迷いながら罪悪感を抱えつつ組織の中で働き続けなくても、フレキシブルな形で「興味のある仕事」、「自分が役に立てる仕事」ができることをWarisと出会って初めて知りました。社会の理不尽さなどを責め嘆くだけではなく、もっと積極的な生き方ができるのだということも学びました。担当者との距離が近く、何かと相談しやすいサポート体制もとても助かっています。仕事と生活のバランスに迷った時など、業務スタート後にもさまざまな助言をいただけるので、安心感があります。

      Warisパートナーに登録する

      お仕事を探す

    その他のWarisパートナーの声を見る