Waris

    Warisパートナーの声

    舘野聡子さん(46歳)

    「どんなスキルを持つ人か」にフォーカスしたジョブマッチングに満足。

    これまでのキャリア

    新卒で大手流通系企業→社労士事務所勤務→社労士および産業カウンセラー資格を取得し、社労士事務所とセクハラ・パワハラ関連のコンサル会社のダブルワーク→産業医事務所勤務→フリーランス

    Warisからご紹介したお仕事

    医師専門の人材紹介会社にて、産業医と企業のマッチングビジネス事業の立ち上げ・運用

    (※こちらのインタビューは2017年5月時点での情報に基づいています)

    INTERVIEW

      • Q Waris登録のきっかけについて教えてください。
      • 前職を退職してから、自身のネットワークでいくつかの仕事を引き受けていました。その仕事と平行できるフルタイムではない仕事で、資格や経験を生かしたプロフェッショナルな仕事がないかと情報収集をしている際に出会ったのがWarisでした。子どもの有無、転職回数などで人材の価値を判断しない、「その人の持つスキルをいかに生かして自分らしく働くか」に重きを置くというコンセプトに共感し、すぐに登録しました。
      • Q Warisを通して開始されたお仕事内容と普段の働き方について教えてください。
      • 医師専門の人材紹介会社にて、産業医と企業をマッチングする新規事業の立ち上げにコミットしました。人材(医師)は揃っているけれど、企業と産業医をつなぐためのスキームがないということで、私がそれまで会社で得てきたノウハウと資格を生かし、枠組みづくりから携わらせてもらいました。この仕事は週2〜3日稼働で、出社してクライアント対応をすることもあれば、在宅で資料作成をすることもあります。サービス開始から約1年が経ち、現在はマッチングがスムーズに行われているかなど、サポートする立場で引き続きコミットしています。
        そのほか、自身のネットワークで引き受けているクライアント企業でのカウンセリング業務、企業研修などと合わせると、フリーランスとしてほぼフルタイムで働いています。

      • Q 現在の業務内容について魅力・やりがいを教えてください。
      • 「誰もが働きやすく、働きたい人があたりまえのように働ける社会にしたい」
        というテーマにこだわって、社労士を目指し、産業カウンセラーの資格も取得して仕事を続けてきました。さまざまな方をカウンセリングしてきましたが、以前のクライアントさんが「舘野さんに今の話を聞いてほしい」とまた頼ってくださることもあり、そんな時はこの仕事を続けてきてよかった、全力でサポートしたいという気持ちになります。
        今後ますます、働く現場でのメンタルヘルス、そしてダイバーシティ&インクルージョンは大きなテーマになってきます。ですから、その分野の専門性を持った社労士としてアドバイスしながら、働く人や企業を支えていければと思っています。

      • Q Warisのサービスをご利用になった感想をお聞かせください。
      • Warisは「人」を見てくれる会社。その人がやってきたことをきちんと認めて、この人にはこんなスキルがある、価値がある、ということを理解して企業に紹介してくれるのがありがたいですね。私自身、個人のネットワークではなかなか出会えないような会社と出会い、世界が広がったと実感しています。
        また、前述のように、私はWarisのコンセプトに共感して登録をしましたが、人材を探している側も同じようにコンセプトに共感している企業が多いのではないでしょうか。私が紹介いただいたところもそうですが、属性にこだわるのではなく「どんなことができる人なのか」という点にきちんとフォーカスしてくださいます。ですから、より自分らしく働ける職場や働き方に出会える可能性が高いのではないかと思います。

      Warisパートナーに登録する

      お仕事を探す

    その他のWarisパートナーの声を見る