Waris

    Warisパートナーの声

    田中理恵さん(39歳)

    女性の気持ちを大事にするWarisだから見つけられた仕事と育児のバランス

    これまでのキャリア

    大手シンクタンクへ新卒入社→リクルートにて新規事業の立ち上げなど→震災復興関連のボランティアや社団法人に勤務→フリーランスに

    Warisからご紹介したお仕事

    質的・量的調データ分析・サマリー・考察・提言、資料作成、・カスタマーコミュニティの運用結果に関してのレポート作成業務ほか

    (※こちらのインタビューは2018年6月時点での情報に基づいています)

    INTERVIEW

      • Q Waris登録のきっかけについて教えてください。
      • 実はWaris共同代表の米倉さんとは、会社員時代の知り合いなんです。Warisが創業した時に、ちょうど私が長男を妊娠していて家でできる仕事を探していたこともあって、よかったら登録しないかとお声がけしていただきました。フリーランスって、ライターとかデザイナーのようなクリエイターの方が多いイメージだったので、データ分析のお仕事をいただいた時は、「あ!フリーランスってこういう仕事もあるんだ!」というのが率直な感想でしたね。
      • Q Warisを通して開始されたお仕事内容と普段の働き方について教えてください。
      • 最初はデータ分析や資料作りなどのお仕事からはじめさせていただきました。子どもは幼稚園に入るまで保育園に預けていなかったため、「子どもが寝ている時間帯と夫が休日の日にリモート中心で稼働できる仕事」との条件で、いくつか業務をお引き受けさせていただいています。現在は上の子が4歳、下の子が1歳となり、二人目出産後は二人の子どもが同時に寝ている時間帯を見つけ出すことがさらに難しくなったことと、2人目の子供はどちらかというと第三者に預けても楽しく遊んでくれるタイプの子だったこともあり、働き方を少し変更。子どもが寝ている時間に加えて、週に2回午前中の3時間は保育サービスが併設されているシェアオフィスに来て集中して仕事しています。
      • Q 現在の業務内容について魅力・やりがいを教えてください。
      • Warisさんからは、フリーランス開始当初からいただいている質的・量的データ分析のお仕事をいただいております。その他には、大学院で国際保健学を専攻していたこと、英語の書籍を強制的に読む環境が欲しかったということもあって、子育て・教育×医療・健康などの得意分野を中心に出版翻訳のリーディングや概要作成のお仕事もいただいております。あとは、北欧の教育・学びに関する情報発信を行う事業のプロジェクト運営にフルリモートで関わっていますね。自分の興味ある分野の仕事ができることや、自由に時間を使えることがフリーランスの魅力であり、自分の意思中心で楽しく仕事できることが嬉しいです。
      • Q Warisのサービスをご利用になった感想をお聞かせください。
      • ママや女性に寄り添ったエージェントであるということそのものが魅力だと感じています。特に、Warisのクライアント企業様からは「子育て中の女性フリーランス」に理解があるという認識で仕事をお引き受けしているので、柔軟なワークスタイルに対応していただけるのではという期待もあります。なので、自分自身のスタイルを先方にしっかりとお伝えし、理解していただいた上で、お互い合意したら仕事を受けるというプロセスを踏めるということが私にとっては最大の魅力です。もし普通の転職活動だったら「すみません。16時に帰ります」って断ることも、少し引け目を感じていたと思います。

      Warisパートナーに登録する

      お仕事を探す

    その他のWarisパートナーの声を見る