Waris

    Warisパートナーの声

    前島ゆみさん(34歳)

    自身のネイルブランドを作りたい 柔軟な働き方で夢を実現。

    これまでのキャリア

    信用金庫→ファッション系ベンチャー企業にてコスメのeコマース立ち上げ、既存ブランドにおける新ライン立ち上げ、新ブランドの立ち上げを担当。ファッションイベントの広報業務も経験。→輸入会社にて海外コスメブランドの日本での立ち上げを担当→フリーランスのプランナー&ディレクター

    Warisからご紹介したお仕事

    ゲーム会社にてイベントの企画運営業務、ジュエリー会社にて新ブランド立ち上げにおけるディレクション業務ほか

    (※こちらのインタビューは2017年2月時点での情報に基づいています)

    INTERVIEW

      • Q Waris登録のきっかけについて教えてください。
      • 子どもが成長してきて、もう少し時間の融通がきく働き方をしたいと感じ始めたこと、そして、かねてから自分の中で温めていた「ネイルブランドを作りたい」という想いが大きくなってきたことが重なり、当時勤めていた会社を退職しました。すぐに自分の会社を立ち上げてブランドを作るという選択肢もありましたが、まずはフリーランスとして業務委託で働きながら、時間をうまく作ってブランドの芽を少しずつ育てていく方がリスクが低いと考え、独立。その後、本格的にブランド立ち上げの準備に入る際、稼働量を抑えつつやりがいのある仕事を探したいと思い、フレキシブルに働ける案件を多く扱うWarisに登録しました。
      • Q Warisを通して開始されたお仕事内容と普段の働き方について教えてください。
      • ゲーム会社の株主総会の企画運営を担当しています。一般的な株主総会と異なり、さまざまな展示やアクティビティ的なコンテンツを盛り込んだ株主総会で、昨年に続き今年は2度目。同会社では、ゲームのイベントを担当する機会もあります。そのほか、ジュエリー会社で新ブランドのディレクションを担当し、先日リリースしたところです。
        その日によってスケジュールは異なりますが、9時くらいに仕事を始め、18時ごろに終えて帰宅後は子どもと過ごすのが日課。午前中の早い時間はマーケティングのプランを練るなど思考系の仕事をして、その後、打ち合わせやプレゼンなどを入れることが多いです。日曜日の夜に、向こう一週間分のスケジュールを細かい時間単位で詰めるようにしています。
      • Q 現在の業務内容について魅力・やりがいを教えてください。
      • 会社員時代はファッションやコスメの領域にどっぷり浸かっていましたが、今は異なる業界の仕事も手がけるようになりました。もともとゼロから何かを立ち上げるのが大好きで、これまでの仕事もその繰り返しでした。そうしたキャリアを生かし、「ゼロから立ち上げる」仕事にフィールドを変えて挑戦できることは、非常に魅力的です。
        また、フリーランスとして仕事をしていると、同じフリーランサーや起業家など、面白くて刺激的な方との出会いがたくさんあります。そのような“熱量の高い”人との仕事は本当に楽しく、得るものも大きいです。
      • Q 今後の展望について教えてください。
      • フリーランスとして働きながら、昨年末には念願だった自身のネイルブランドをリリースしました。忙しく働く女性に、「このネイルを塗る時間だけは自分と向き合う時間を過ごしてほしい」というメッセージを込めて作ったものです。このブランドを育てながら、今後も「女性」「ビューティー」という分野での仕事を続けていきたい。プラス、ママや子どもといった自身にとって身近なテーマにも取り組んでいければと考えています。さらに、海外が好きで、より世界を広げていきたい気持ちもあるので、いつか海外のクライアントとの仕事にも挑戦しようと思っています。

      Warisパートナーに登録する

      お仕事を探す

    その他のWarisパートナーの声を見る